2018.06.21

関西放送機器展 出展のお知らせ

NEWS

会期:2018年7月11日(水)~12日(木)10:00 - 18:00(最終日は17:00迄)
会場:大阪南港 ATC ホール (小間番号:A-34)

出展内容
HEVC/H.265 デコーダ HLD-540DC
   HEVC/H.265デコーダ&MPEG-4 AVC/H.264コーデックに対応するスタンドアロンユニットです。
   コンパクトな筐体ながら、IP伝送、FPU伝送の両用途に対応します。素材伝送に必須のMain 422 10に対応します。

   ◨ 自社開発のHEVC/H.265ハードウェアデコーダコアを搭載
   ◨ Range Extensions(10bit, YUV422)に対応
   ◨ 1/3U (A5相当)のコンパクトな筐体
   ◨ IP伝送、FPU伝送の両用途に対応

超低遅延MPEG-4 AVC/H.264コーデック装置 HLD-300C
   MPEG-4 AVC/H.264 超低遅延対応コーデックに対応するスタンドアロンユニットです。

   ◨ MPEG-4 AVC/H.264 コーデック遅延、僅か 10msec!
   ◨ 半二重コーデックで、エンコーダ・デコーダの切り替えが可能
   ◨ オプション1:MPEG-2エンコーダ/デコーダ機能
   ◨ オプション2:IP-Gateway機能

共同展示
情報カメラ向けのご提案
   HLD-300Cは雲台制御信号をIP伝送する機能(シリアル over IP)が搭載されております。
   低遅延コーデックとして映像伝送しながら雲台制御ができるデモをご覧頂けます。
   (ご協力:株式会社ミカミ様)

ワイヤレスカメラ等を想定した中継運用のご提案
   従来の軍事・商用ワイヤレステクノロジーよりも高いスループット、長いレンジ、低いレイテンシにより高い安定性・柔軟性を提供します。
   (ご協力:スターコミュニケーションズ様)