会社案内

COMPANY
会社概要
経営理念
事業内容

会社概要

社名 アイベックステクノロジー株式会社
所在地 〒215-0034 神奈川県川崎市麻生区南黒川10-1
1)京王相模原線 若葉台駅 徒歩10分
→京王線新宿駅より特急に乗り、調布にて橋本行きの快速・区間急行乗り換えのルートで、若葉台まで約30分
→都営新宿線直通・京王新線新宿駅より20分間隔の区間急行橋本行きに乗り、若葉台まで約40分
2)小田急多摩線 黒川駅 徒歩3分
→小田急線新百合ヶ丘駅より多摩線唐木田行きの各駅停車・区間準急に乗り、黒川まで約6分
※どちらの駅も急行・特急は通過します。
 京王若葉台駅は各停・快速・区間急行が、小田急黒川駅は各停・区間準急が停車します。

3)羽田空港、成田空港からは、高速バス「新百合ヶ丘駅」行きのご利用が便利です。
→バス降車後、小田急多摩線(3,4番ホーム)に乗り、黒川駅にお越しください。

お車でお越しの際は、当社社屋1Fの駐車場をご利用下さい。
駐車場の入り口は、弊社正面玄関左側の通路より進入頂けます。
電話番号 044-981-3451
FAX 044-981-3465
設立 (S60)1985年01月 株式会社LSIシステムズ設立(神奈川県厚木市)
(H11)1999年08月 神奈川県川崎市に移転
(H16)2004年10月 アイベックステクノロジー株式会社へ社名変更
資本金 8,430万円
代表者 代表取締役社長 兵藤 智明
組織図
社員数 57名
主要取引銀行 三井住友銀行 厚木支店
株主 株式会社日本デジタル研究所(JDL)http://www.jdl.co.jp/
決算期 3月
品質・環境活動 ISO9001 (認証番号 ISAQ1093)
アイベックステクノロジー株式会社は全部門において ISO9001:2015版の認証を取得しています。

登録組織 アイベックステクノロジー株式会社(全部門)
認証範囲 映像伝送機器・ボードの開発・販売・保守
     コーデック等のLSI用各種マクロ(IP)開発、ライセンス販売
     LSI向けデジタル回路の設計・検証の受託業務

2016年9月6日 映像伝送機器製造に関わる部門にて初回登録
2017年7月18日 2015版移行、全組織拡大


ISO14001 (認証審査中)
環境マネージメントシステムとして2014年から2017年までエコアクション21の運用を行ってきましたが、2018年からISO14001:2015版へ移行しています。
現在、認証審査中です。
アイベックステクノロジー 環境方針

経営理念

当社は、「映像伝送のエンジニアリング市場」に特化し、規模の拡大を急がず堅実な成長を目指し、
社会に無くてはならない、また他社には提供できない付加価値の高い製品とサービスを提供し、
その証として高い収益を確保していくことを基本方針としております。

また、社員には高い専門性を求め、それをベースとした社会に評価される製品・サービスを提供することに働く意義を見出し、
長期的に安定した働き甲斐のある就業環境を提供していくことを基本方針としております。

事業内容

1.映像伝送に関するエンジニアリングサービス

映像伝送関連のASIC, 大規模FPGA、ボード、ファームウェア、システムなどの設計サービス、コンサルティング仕様が未確定な段階からの仕様策定・設計が可能。

2.コーデック等のLSI用各種マクロ(IP)開発、ライセンス販売

業務用HEVC/H.265 Decoder、超低遅延H.264 Encoder/Decoder、 MPEG-2 Encoder/Decoderなど

3.自社製コーデックコア等を組み込んだ映像伝送機器・ボードの開発・販売

4.放送機器、映像伝送機器等のユニット製品やボード製品の開発・販売

OEM製品も承ります。

会社沿革

(H29)2017年7月 品質マネージメントシステムISO9001:2015番へ移行 更に全部門で取得
(H28)2016年11月 Apple ProRes IP 発表
(H28)2016年11月 新製品 HLD-540DC 発表
(H28)2016年9月 品質マネージメントシステムISO9001の認証を取得
(H28)2016年3月 HEVC/H.265 4K デコーダハードウェアIPを開発
(H26)2014年11月 H.265/HEVC ハードウェアデコーダIP開発 発表
(H20)2008年5月 超低遅延MPEG-2コーデック技術が、社団法人映画テレビ技術協会 技術開発賞を受賞
(H19)2007年9月 H.264デコーダIPを販売開始
(H17)2005年6月 超低遅延コーデックIP発表
(H16)2004年10月 アイベックステクノロジー株式会社に社名変更
(H14)2002年11月 MPEG-2HDビデオデコーダIPを発表。FPGA1チップで実現、世界初
(H12)2000年6月 資本金を 8,430万円に増資
(H11)1999年8月 社屋を厚木市より川崎市麻生区へ移転
(H1)1989年4月 (株)日本デジタル研究所の出資を受け、資本金を6700万円に増資
(S62)1987年6月 VLSIテクノロジー(株)とパートナーシップを締結
(S61)1986年8月 ラスタライザLSI、LS101、ベクタ変換LSI、LS102、グラフィック描画LSI、LS103を出荷開始
(S60)1985年1月 株式会社LSIシステムズ設立(神奈川県厚木市)

パートナー企業

http://www.cablecast.co.jp/
ジャパンケーブルキャスト株式会社 HLD シリーズを利用し、IP回線とセットで映像伝送サービスをご提供
http://www.plusmic-cfp.com/
株式会社プラスミック・シーエフピー HLD シリーズを利用し、プラスミック・シーエフピー社の FPU とセットで映像伝送サービスをご提供

ビジネスパートナー

http://www.cadence.co.jp/
Using years of experience and re-usable verification IP (VIP), the Cadence® Connections Verification Program helps customers accelerate the adoption of new technologies and improve the productivity of their verification teams. The Connections Verification Program is a network of expert providers of services, training, and IP development that supports Cadence verification solutions. Available worldwide and with years of experience, the Connections Verification Program partners are renowned for helping Cadence verification customers accelerate the adoption of new technologies and dramatically improve the productivity of verification teams.
http://www.mentorg.co.jp/
The Questa Vanguard Program (QVP) extends Mentor Graphics' breadth of design and verification technologies through partnerships with industry-leading companies. QVP partners provide verification related tools and methods, verification IP, conversion services, training and consulting based on Mentor Graphics industry leading Questa verification platform. The program was established to bring design and verification engineers world-class product integrations and interoperability to enhance their Questa verification options and build a strong and comprehensive SystemVerilog ecosystem.
http://www.xilinx.com/
The Xilinx Alliance Program is a worldwide ecosystem of qualified companies collaborating with Xilinx to further the development of All Programmable technologies. Leveraging open platforms and standards, Xilinx has built this ecosystem to meet customer needs and is committed to its long-term success. Comprised of IP providers, EDA vendors, embedded software providers, system integrators, and hardware suppliers, Alliance members help accelerate design productivity while minimizing risk.

メンバーシップ・ライセンサー

http://www.dolby.com/jp/ja/index.html
オーディオコーデック Dolby Digital, Dolby Digital Plus ライセンスを取得
https://www.eipc.jp/
Embedded IP Community 事務局
https://www.fraunhofer.de/
オーディオコーデック HE-AAC, AAC-LC ライセンスを取得
http://www.rovicorp.com/
2000年8月、アナログビデオ出力のコピープロテクションのライセンスを取得
http://www.mpegla.com/
MPEGに関する特許管理会社
http://www.pcisig.org/
1997年、PCI Special Interest Groupへ参加
http://www.accellera.org/
http://www.vialicensing.jp/
AACに関する特許管理会社